アパレル系企業の公式アプリ

最近、公式アプリを導入するアパレルブランドやアパレルショップが増えてきました。

実店舗を持つ大手企業だけでなく、もともとネット販売を中心としていた企業も、導入に力を入れています。アパレル系企業のアプリには、様々な傾向があります。まず、O2O系です。O2Oとは、インターネット上のコンテンツやサービスを、実在する店舗での集客アップや購買促進につなげる仕組みのことをいいます。オンラインとオフラインを結ぶものとして、取り入れられています。

そして、オムニチャネル系です。オムニチャネルとは、実店舗での商品販売とインターネット上の店舗での販売を連携させた、新しい購買スタイルのことをいいます。ネットで注文したものが店舗やコンビニで受け取れたり、ネットで興味を持った商品が実店舗にも置いてあるなど、顧客の生活スタイルに合わせているのが大きな特徴です。そして、各企業のアプリには、多くの機能があります。デジタルチラシを見ることができたり、欲しい商品の在庫確認や購入できる店舗を検索できるだけでなく、各店舗のブログやお買い得情報、着こなし術を掲載しているものもあります。

また、ログインボーナスなどのポイントや、クーポンを配信しているサービスもあります。現在、アプリの利用は急速に増え、今後も利用者が増加していくことが予想されます。ウェブよりもアプリでのネットショッピングが好まれているという時代の流れを、アパレル系企業は把握しているといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *