アパレルでアプリを導入するメリット

モバイル関連の技術の進歩には目覚ましいものがあります。

今ではガラケーと呼ばれる旧来の携帯電話はかなりシェアを減らしつつあり、スマートフォンを持っているという方の方が多いような状況です。そんな中、小売の店舗では店舗独自のアプリを導入するところが増えてきています。特にアパレル業界ではこの動きが顕著ですが、アパレル店舗でアプリを導入するメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

まず大きいのはやはり集客効果でしょう。アパレルでは季節ごとに新商品を出していくことが多いのですが、新商品を周知するにはかなりの広告費が掛かってきます。しかしアプリなら、自店舗に興味を持ってくれている人に向けてプッシュ通知という形でベストなタイミングで情報を流すことができるのです。しかもこの費用は旧来の広告宣伝の手法に比べればかなりコストが削減できます。

また、アパレルのアプリではオンラインと店舗を結び付けるというメリットもあります。例えばオンラインで購入をしたものを店舗受け取りができるようにすることで店舗へ行ったが良いものがなかったということを減らせますし、同時に来店時に他のアイテムも見てもらえるチャンスも生まれるのです。

例えばこうしたサービスに加えてクーポンなども展開すれば顧客側も積極的に利用してくれるようになるので、利用率も上がることが期待できます。このようにアパレルでアプリを使用することは販促効果を生むだけでなく販売チャネルの増加も含めて多くのメリットがあります。まだ利用していないという場合は一度導入を検討して見てはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *