マーケティングオートメーションが普及しています

マーケティングオートメーションとは、マーケティング業務を自動化する事の総称で、特にインターネットマーケティングにおいて、普及が広がっている手法です。

マーケティングオートメーション(O2O)は、具体的には見込み客に対する商談機会を増やし、販売に効率的に結びつけるための以下の様なマーケティング分析を自動的に行う事を指します。代表的なものとしては、ウエブサイト閲覧やメール開封分析をベースに、個人情報を取得済みのお客様に対して製品やサービスの提案や商談に進むべき見込み客を抽出したり、見込み客にさらに興味を高める情報を送付したりする事が挙げられます。

またキャンペーン管理やレポート作成などの機能を含め、こうした分析から情報発信までを、1つのソフトウェアに統合してマーケティング業務を自動的・効率的に行う事が一般的です。この様に、マーケティング手法としてマーケティングオートメーションが普及している理由としては、インターネットの普及で顧客が情報を簡単に取る事が出来、従来の様にベンダーに声が掛かる事を前提とした手法では限界となっている点が挙げられます。

また販売競争が激化する中で、顧客管理を徹底して見込み客をターゲットに絞り込み、販売アプローチの効率を上げる事が一層重要となっており、これをソフトを活用して自動で行える利便性が非常に有効だからです。マーケティングオートメーションのソフトを導入する際には、自社がBtoCビジネスか、BtoBビジネスか、またどのような分性を重視するか等によって、多くのソフトの中から最適なソフトを選択する事が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *