O2Oはフリーペーパーに代わる

地域の情報を提供する手段としてフリーペーパーが使われることがあります。

駅や商業施設に置いておくことで利用客が手にして情報を得ることができます。店舗としてはチラシを配布するよりも効率が良く広告効果が期待できました。しかし、最近ではフリーペーパーを手にする人が減少している傾向にあります。それはweb媒体での情報収集が充実したことによるものです。

webマーケティングが集客と切っても切れない環境に変わってきています。そのためO2Oと言うサービスに注目が集まります。オンラインとオフラインをつなぐと言う意味のwebで使われる用語です。アプリを利用することでお店の情報を簡単に提供することができます。O2Oが行うことはフリーペーパーで行なっていた情報提供と変わりありません。

ただし、その提供できる場所が地域に依存するのではなく、アプリの有無によって変わってきます。数多くの利用者がいるアプリを使ってオンライン上で情報提供できればそれだけ実店舗への潜在顧客が増えることになります。アプリ上で予約できるサービスなどを利用すれば24時間いつでも顧客との接点が生まれます。

O2Oを利用することでフリーペーパーではカバーできなかった地域や時間を活用できるため、より効果的なマーケティングが期待できます。また、実店舗での口コミをアップしてもらうことで相乗的な宣伝効果も期待することができます。同じコストをかけるのであれば検討しない手はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *