O2Oでリピーターの確保

O2Oと聞くと情報を発信することがメインに感じるかもしれませんが、SNSを利用することで双方向の効果が期待できます。

従来の顧客との繋がりは店内での会話がメインです。そのため限られた時間しか得られないので効果が限定的です。顧客が多くいる時にはその分、広く浅くなることもあります。SNSを利用したO2Oでは、営業時間外や来店されていない人とも情報交換をすることができます。

以前、来店時に気にしていたことや提供できなかったサービスが今なら可能である旨を伝えてみたり、顧客から店内の状況を確認してもらうことも可能です。新しいサービスの紹介もできます。このような密接なコミュニケーションがリピーターを増やすきっかけになります。

そしてSNSを利用したO2Oの最大の特徴は顧客同士のつながりです。グループを作成することで、他の顧客のコメントを見ることができるようになります。

そこで同じような趣味を持っている人同士で来店するようになったり、会話が盛り上がるようになればそれだけお店への愛着も増えていきます。顧客との接点は、多ければ多いほど有効に利用することができます。

直接の会話だけでは得られない時間や機会がSNSを利用することで広がっていきます。新しい顧客に対してはしばらく店員との直接のやり取りを続けてからグループへの参加をさせることで強いつながりを得ることが可能です。イベントの情報なども簡単に流すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *