O2Oは購買の動機づけをするために有用な仕組み

流通や小売業などではリピーターを確保するために様々な戦略が用いられます。

オムニチャネル戦略やオンラインショップなどではセグメントプッシュ通知を使用するなどがそれに該当します。

その戦略の一つにO2Oというものがあります。オンラインツーオフラインの頭文字をとったものですが、O2Oとはネット上の情報や活動などが実店舗での購買の動機となるような行動に影響を与える事を指します。

実店舗での購入につながるためにネット上で行われる販売促進やマーケティングなどの行動もこれに該当します。一例としてはメールマガジンについている特典でクーポンなどが該当します。

特定のサイトにアクセスして割引クーポンを発行する事で来店してもらった時に特典がある事を周知する仕組みです。レストランなどの飲食業では結構頻繁に行われていて、一時期流行ったクーポンの共同購入サイトもこのO2Oの形態と言え、これに特化したサービスを提供する企業やWEBサイトも存在します。レストランなどは一見客はそれなりに来ますが、リピーターになってもらうというのはなかなか難しいもので各企業とも課題となっています。

そういったリピーターになってもらうために様々な施策を打ち出していてこのネット上で販売促進のために来店の動機づけをするようなこのような仕組みはコストを大してかける事無く来店が期待できるとして多くの小売業に採用されている仕組みです。これからもこういった戦略が増えていく事が想像できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *