O2Oを具体例で考える

声高にO2Oが重要ダイエットと言われても、やはりどんな事をしていけばいいのか分からずにためらう方も少なくありません。

難しそう、パソコンやスマートフォンのことは分からないと投げてしまいたくなる事もありますが、具体例や実例も参考にしながら、自分たちにできることを取り入れていくと良いでしょう。

インターネットのオンラインの世界から、自分たちが実際に活動しているオフラインの世界にどのように繋げていけるのかを考える事は、これからの時代の移り変わりを見てもそのまま眺めているというのはもったいないです。スマートフォンの普及に伴い、アプリをお客様にダウンロードしてもらい、そこからお店の基本情報、会員登録を促したり、ポイントを貯める、お店側からのセールや割引、クーポンなどのお得情報配信というのは定番になりつつあります。また、O2Oは双方向に考えていくほうがより相乗効果も狙えます。

例えば料理関連だとレシピサイトから該当の食品を紹介して、その商品にはどんな風に美味しく料理できるかレシピを紹介するというように流れを作ると、両方に対してメリットも出てくるので活用度合いも広がっていくのは嬉しいのではないでしょうか。

他にもお店で取り置きをしたり、予約したものをネットショップで購入するというようにすれば、O2Oをお客様は意識していなかったとしても、お店側にとってはスムーズに売上に繋げられるので、具体例を参考にしていけば活用していきたいと思えてくるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *