O2Oってどんな意味?

いろんな言葉が出てきて難しく感じますが、最近見かけるO2Oとはどんな言葉なのか、尋ねようと思っていても聞けなくて困っている方もいるのではないでしょうか。

略語の一種で、元々はOnlinetoOfflineの略で、オーツーオーと読みます。O2Oというのは、インターネットを利用したオンラインの世界から、実世界であるオフラインへ行動を促すと言えば分かりやすいでしょうか。

例えば気になる飲食店の営業時間やメニューなどがあるかを調べて、それからもっと興味が湧いてきたら実際にお店に行ってみようという風になりますので、こうした一連の流れを示しているというとイメージもしやすくなるでしょう。

近年はスマートフォンの普及で、パソコンを普通に使っている人たちだけでなく、中高生などのかなり若い世代はもちろんの事、仕事を退職してひと段落した年配の方でも当たり前のようにインターネットを利用して情報を得られるようになりました。気軽にネットショップで買い物をしたり、何かサービスを探して利用するという事も当たり前になりつつあります。

O2Oを意識して、クーポンを配布したり、特売などのチラシを見てもらえるようにして、実際にお店に来てもらうということを考えていくのも普通になってきています。

紙媒体などを使うよりも効率的ですし、コストパフォーマンスも良いので注目されていますから、今後のお店の発展のためにも意識していきたい言葉と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *