O2Oで顧客を獲得する

O2Oはインターネット上で情報を得た顧客を実店舗に足を運んでくれるように誘導する販売戦略の事を指します。

店舗で使えるクーポンをインターネット上で公開したり、店舗限定で販売する商品やサービスを提供して顧客を店舗に誘導していきます。実店舗で商品を選んでインターネットで安く購入するショールーミングの対策としても効果がありますが、新規顧客を獲得するのにもO2Oは高い効果を発揮します。

O2Oのデメリットとして挙げられるのは一度の買い物で顧客が満足してしまって継続して来店してもらう事が難しい事とインターネットから実店舗に来てもらう為に大きな割引などを行う為に特別なイベントがない時の買い物に魅力を感じてもらえなくなる事があります。これと似た販売戦略としてオムニチャネルがありますが、オムニチャネルとは目的が異なります。

オムニチャネルは実店舗やインターネットショップ以外にも様々なチャネルから顧客と接点を持つ事を目的とします。一方でO2Oは多角的に顧客と接点を持つ事を目的としているのではなく、あくまでインターネット上で獲得した顧客を実店舗に流す事を目的としています。

オフラインならではのメリットを顧客に提供して顧客にオフラインでの買い物に魅力を感じてもらう事が必要になります。O2Oは他のマーケティング施策と比べた時に効果を測定しやすい為にかけたコストや時間に対して見合った効果があるか確認しやすいのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *