アパレル会社のアプリのO2Oとしての利点

アパレル会社にとってアプリは様々な利点が存在します。

最大のメリットがこのO2Oの利点になります。アパレル会社にとってはとにかく店頭にお客様が来てほしいということがあります。アプリには、クーポンという機能をつけることも可能です。

日本人の特徴として、クーポンを出すと店頭に来てくれる可能性が非常に高まるということがあります。

また、ポイントカードとしての機能も持たすことができますので、ポイントでのO2Oの効果もあるといえるでしょう。店頭にさえ、来てくれることによって後は、どのように売り上げを上げていくかということになります。これがO2Oのアプリのメリットになります。また、O2O以外にもメリットも存在します。

もう一つのアプリの利点としては自社のECサイトへのアクセスを増やすという目的があります。現在、日本ではモール型のECサイトが人気になっています。アパレル会社にとってはモール型のECサイトで売れると売上の30パーセント近くを手数料を取られてしまいます。

それに比べると自社のECサイトで売上を上げることができれば手数料はありません。その点が自社ECサイトで売上をすることの大きな利点になります。この自社ECサイトへのアクセスをアプリからリンクをつけることによってアクセスを増やすことによって売上を上げることを目的になります。

このように、アパレル会社にとっては様々な利点が存在します。今後もこのような形で続いていくことになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *